更新日: 2011-02-07 22:57:30

みかんのむき方~イモムシみかん&フラワーみかん

著者: すもお

編集者: すもお

閲覧数: 26903

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by すもお

みかんのむき方~イモムシみかん&フラワーみかん

年が明けて、やっと一般に広まり始めた
「あたらしいみかんのむきかた」。
http://okguide.okwave.jp/guides/15837

岡田好弘さん著作の、
ごく普通のみかんをいろいろな動物形に
むいてしまおうという提案の本です。

これに対して、
もっと簡単に面白くみかんをむく方法が Twitter で話題になりました。

早速、むいてみましょう!

STEP1 このむかんのむき方には、ペンもハサミも要りません。

ガイドの私が試してみたのは、イモムシみかんとフラワーみかん。特徴的なのは、どちらも皮が主役というよりは「皮をむいてむかんを供する」というスタイルであるところ。

イモムシみかんは出来上がりの作品を見た瞬間、思わず「ぷっ」と吹き出してしまいそうな面白さを持っていて、フラワーみかんはその美しさ(といっても庶民レベルですが)に「おおーっ」と声を上げてしまいそうになります。

STEP2

まず、イモムシみかんのむき方を説明します。ごく普通のみかんを用意したら、側面の皮が帯状に残るように、上面と下面部分の皮をむいてください。つまり、中央の部分の皮を残して、上と下を裸にむくということです。みかんの中央部にベルトのように皮が残ったら、皮の一カ所を縦にカットします。つまり、みかんを割って開いてください。そして、房の間にていねいに切れ目を入れながら、横一列に広げていきます。皮をつけたまま、きれいに房が並んだら、出来上がりです。お好みで、皮にイモムシ模様を入れたりして楽しみましょう。

STEP3

次に、フラワーみかんのむき方を説明します。みかんを用意したら、ヘタ側の上面3分の1程度を残して、それ以外の皮をすべてむいてください。ちょうど、みかんがベレー帽をかぶったようになればOKです。次に、房の間にていねいに切れ目を入れていきます。皮からはがれてしまわないように、気を付けてください。いったんお皿やテーブルの上にみかんを置いてください。このとき、残った皮が下になるように。そして、皮の部分を手で抑えながら、房を外側へ倒していきます。お花が開いた様子を目指して、みかんの房を開いていってください。きれいに整えたら、完成です。

まとめ

このみかんのむき方は、次の本で紹介されています。

みかんの面白いむき方大百科
中村孝司(著)
スモール出版

お客様にお出しするときは、手を洗ってからの方が良さそうです。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

100

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
すもお

こんにちは。
活字中毒でかぶりもの好きな☆すもお☆です。
オバフォー独身です。

中学から美大の付属に通い、風変わりな事物に慣れ親しみました。紙媒...

必要なもの

みかん