OKWAVE Guide 印刷用:マンガという言葉の使い方|OKWAVE Guide[OKWAVE ガイド]
Large b11s

建設業に従事しています。取引相手と「まんがを書いておくります」と話している人がいるので、どんな面白いキャラクターや話が来るのかと思っていると、ただの図面でした。業界ではこのような「まんが」という言葉は一般的なのでしょうか

【ステップ1】

建設業界に限らず、図面が必用となる業界一般では無いでしょうか。精密機器を扱っていますが、言われるように正式な図面でなく、フリーハンドで強調したい部分に矢印や説明文を書くなどした物を、漫画と表現されています。

「この部分」とか、漫画の吹き出しのように説明を入れる形が漫画の様だからでしょうか。漫画には失礼かもしれませんが、それを書いた人もかなり正確に表現できたとしても「漫画」程度とへりくだって言う部分も有るようです

【ステップ2】


(1)大胆に省略・誇張して描き、笑いを誘いながら風刺や批評をこめた絵。戯画。
(2)絵または絵と台詞(せりふ)によって表現される物語。
(3)気の向くままに描いた絵。

【ステップ3】

現在の「漫画」というのは、昔は「ポンチ絵」などといわれていて、元々はイギリスの「パンチ」誌に似せたものを日本で発刊したときに「ジャパン・パンチ」というものが「ポンチ」と変化し、一般的に「ポンチ絵」で流布したものです。

また一方で「北斎漫画」などの、わが国発祥の方法も存在し、それらが混在して「漫画」というジャンルになって行ったのではないかと思われます。

【ポイント】

業界のことは知りませんが、まんがというのは「漫画」と書きますが、もとよりの意味は「フリーハンド」に近い意味でした。趣くままに描く、ということですね。建設業って、けっこう古風な言い回しが多いのかもですね。