更新日: 2011-02-07 12:09:16

防災に便利なハザードマップを一覧する方法

著者: milchman

編集者: milchman

閲覧数: 408

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by senov

自然災害のときに、どこにどんな被害が起こりやすいか示した「ハザードマップ」はご存じですか?

STEP1

ハザードマップは市町村ごとに作られ、自治体によっては紙で配ったりしていることもあるようです。不動産を購入するときに、不動産屋によっては調査してくれることもあります。

このハザードマップ、インターネット上での公開が進んでいます。
各自治体のホームページにのっていることが大半で、そのポータルサイトもあります。

STEP2 それが「国土交通省ハザードマップポータルサイト」です。

http://disapotal.gsi.go.jp/index.html

洪水、内水、土砂災害などのハザードマップが公開されている自治体を、日本地図からわかりやすく検索でき、それぞれのハザードマップを表示できます(各自治体の公開しているURLにリンクが張られています)。

STEP3

その活用方法を募集する「e防災マップコンテスト」も行われ、地図情報を活かす取り組みやアプリが紹介されています。

e防災マップコンテスト
http://emap2010.bosai-contest.jp/

個人でまねできない部分もありますが、こんな使い方があるのか、という参考になります。自宅にどんな災害リスクがあるか、家族と一緒に確認して、対策を取りたいですね。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

32

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する