更新日: 2011-02-08 06:00:47

ピーナッツアレルギー、アメリカではここに注意

著者: ココラバー

編集者: ココラバー

閲覧数: 490

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by ココラバー

アメリカ国内ではこういったところでピーナッツが登場、情報として持っていてほしい内容です。

STEP1

野球観戦では、ピーナッツが売られています。メジャーリーグ観戦では、となりに座った人がバリバリ食べている、という可能性も大です。そして、むいた皮はそのまま席の下に落とすので、においもするし、クロスコンタミネーション(間接的に接触する)可能性もあります。アレルギー反応のレベルによって、注意を十分しましょう。

STEP2

鶏肉のフライのサンドイッチが有名なファーストフード「chick-fil-a」は、ピーナッツオイルを使って揚げています。ピーナッツアレルギーの人は、大抵ピーナッツオイルも避けるようにする人が多いですが、その場合は注意です。

STEP3

レストランでオーダーするディッシュに直接ピーナッツが使われていなくても、他のディッシュで使われていることがあります。また、キッズメニューにピーナツバターサンドイッチがある場合は、クロスコンタミネーション(間接的に接触)の可能性があるので、オーダーの際に確認しましょう。

まとめ

サーバー(ウェイター)が知識不足の場合は、クック(キッチンのスタッフ)に確認するよう聞きましょう。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

91

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
ココラバー

在米。海外に暮らし始めて9年目。ファッション、ショッピング、旅行、エクササイズ、インテリア/雑貨が大好き。