更新日: 2011-02-06 11:00:25

整体で保険がきく医院ときかない医院

著者: tarook

編集者: tarook

閲覧数: 374

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by yto

整体(O脚矯正)を考えているのですが、保険が効く医院ときかない医院の違いは何ですか?金銭面を考えて保険がきく医院を探そうと思ってますが、中々ないものですか?

STEP1

●整体、カイロプラクティック、その他公的資格の無い業種では、健康保険
は使えません。ちなみに事故等の自賠責、仕事中の労災なども使えません。

STEP2 ●整骨院(接骨院と同じ)は柔道整復師という国家資格者です。

これは制限つきで保険が適応されます。その制限は以下の通りです。

・打撲
・捻挫
・挫傷
・脱臼、骨折の応急処置

以上のことから、当然 「腰痛や肩コリ」 などは一切使えません。
使えるのは “急性のケガ” のみです。しかし困ったことに、多くの
整骨院は、このシステムを悪用して不正を働いています。その金額は毎
年、なんと4000億円です。このお金は全て、我々が納めた保険料です。

STEP3 ●鍼灸は保険適応は以下の通りです。

(1)神経痛 
(2)リュウマチ 
(3)頸腕症候群 
(4)五十肩 
(5)腰痛 
(6)頚椎捻挫後遺症 
(7)その他 保険者が適当と認める疾患症候群

医師の診察の上、同意書があれば保険が使えます。

STEP4

●マッサージ院(マッサージ師の国家資格が必要)も保険が使えます。

その保険適応は、

 「筋麻痺、関節拘縮等があって、医療上マッサージを必要とする」

これも医師の診察の上、同意書が必要です。



以上のことから、ご質問のO脚矯正では保険は難しいと思います。健康
保険とは “医療” に対して使われるのが大原則です。この秩序が乱
れれば、美容整形などにも使われてしまいます。変形性膝関節症のよう
に、軟骨の減りが原因のO脚であれば、整形外科で保険治療は出来ますが、
美容目的は厳しいし、整形外科以外ではまず通らないと思います。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

55

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
tarook

絶対に外せないビジネスの7原則