更新日: 2011-02-06 09:12:36

初めての家庭菜園。トマトが育つ土にするには?

著者: ??

編集者: ??

閲覧数: 485

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by ??

今年初めて家庭菜園をしてみようと主人がトマトとししとうの苗を買ってきました。私が土を掘り返して余計な草や根を取り除きました。

STEP1

まず家の土の種類を確認して下さい。手っ取り早いのは、都道府県の組織や施設で農業改良普及センターや農業指導センターなどあります。これらを探して地域を言って土の系統、性質や基本的な対策を聞いてみてください。または農協の営農指導部門でもかまいません。もしかして各野菜の作り方を書いた小冊子やパンフレットがあるかもしれません。

STEP2

例えば関東ですと、千葉県などは砂の多い地域がありますが、それ以外ですと関東ローム層と言われる火山灰が多いです。黒ぼく土などの火山灰では一般的に次の特徴があります。

1.PHが低く5前後のところが多く、野菜の種類にもよりますが中性に近づかないと生育が悪い事が多いです。

2.リン酸分を吸収結合して植物が吸い難い状態を作ってしまう。その為、結合しようとする手を、あらかじめ熔成燐肥(ヨウリン)を多く入れておく。

3.酸性度が強いと、石灰分が少ない事がほとんど。PH調整を兼ねて苦土石灰などを入れる。 初年度は多く、2年目以降は減らす。

4.黒ぼく土なら、腐植分(堆肥や腐葉土の分解が進んだ最終的な栄養の形)は多いですが、酸性がきつければ分解されず残っている。

STEP3

これらはあくまで火山灰土系として書きましたが、それ以外ならゴメンなさい。

まとめ

もし土の種類が火山灰系で今までに何もしていなければ、苦土石灰を1m2当たり300gくらいを回りの土に入れて混ぜてください。水に少し溶かした苦土石灰の液を水遣り時に使うのも方法です。ただし野菜にかけないように!

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

74

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する