更新日: 2011-02-06 07:11:47

火山灰土壌の緑化

著者: ??

編集者: ??

閲覧数: 339

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by ??

以前、火山灰土壌の地帯に『種子・肥料・土壌』など植物が成育するのに必要な物全てを入れた袋やシートを散布する緑化方法というのを観ました。この方法の名称をご存知の方いませんか?

STEP1

「航空緑化」と検索すればいくつかヒットします。種子+肥料+土壌+有用微生物(菌根菌)による緑化工法が、あります。山口大学の丸本卓哉教授が『種子・肥料・土壌』などを入れた袋を散布する緑化方法を開発しています。

STEP2

「地域生態系への回帰―急傾斜地に樹林を復元する新しい理念と戦略」文一総合出版、という本があります。

STEP3

今では種子+肥料+土壌+有用微生物が一般的でしょうか。土のうにすることで種子からの乾燥を防ぐことができ、発芽・生育の可能性が高まる一方で、施工量は減ってしまいます。

まとめ

雲仙普賢岳の緑化で使用されました。ですので、細かい指摘で申し訳ありませんが、質問内容も「火山灰土壌の」ではなく、「人が立ち入ることができない火山性荒廃地の」が正解です。日本緑化工学会などで発表されています。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

45

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する