更新日: 2011-02-05 19:04:09

平仮名を上手に書く方法

著者: いなみわけ

編集者: いなみわけ

閲覧数: 1213

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by いなみわけ

漢字の練習も大事ですが、日本語を書くときには平仮名も頻出しますね。これを上手に書けるようになる方法です。

STEP1 ①お手本を真似て練習

平仮名の練習は、小学校で行いますが、
そのときの癖が大人になっても残ります。

癖を脱するためには、
大人になってからも、お手本を見ながら直していくしかありません。

本当は筆を使用して練習したほうがよいのですが、
準備が面倒であれば、筆ペン、鉛筆などで練習するとよいでしょう。
お手本を脇に置き、まねて書くのがよいですが、
手っ取り早く練習したいのであれば、
半紙など薄い紙を手本の上に重ね、
手本をなぞるという方法もあります。
慣れてきたらお手本を脇において練習しましょう。

STEP2 ②大きさ

平仮名は、漢字よりやや小さめに書きましょう。
これで、文章における字のバランスがよくなります。

字の大きさがばらばらだと、
どんなに綺麗に書いても、
文章全体としてみると、汚い字のように感じてしまいます。

練習するときにも、
全ての平仮名の大きさを均一にできるようにしましょう。

STEP3 ③鉛筆の持ち方に注意

また文字を書くときは、鉛筆といった道具の持ち方にも注意しましょう。
いい加減な持ち方をしていると、綺麗な字はかけませんし、
なかなか上達もしません。

小学校で習うような、正確な持ち方を心掛けましょう。
人さし指と親指の先の丁度間できれいにはさみ、
中指の腹で支えるとよいです。

まとめ

字の上達には練習あるのみです。沢山数をこなしましょう。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

77

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
いなみわけ

趣味で、楽器の演奏をします。また、色々な所に電車で出かけるのも好きです。よろしくお願いします。

必要なもの

鉛筆 筆 お手本