更新日: 2011-02-07 10:52:26

雪国の洗濯物

著者: m711

編集者: m711

閲覧数: 271

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by akiraak2

ご主人の仕事で、関東から新潟の団地(3K)に
家族揃って転居することとなった女性。
とても洗濯物が多いため、雪国での洗濯に不安をかかえていました。

…雪国では、洗濯だけではなくさまざまなことが大変!
でもその分、家族の絆は深まってゆくのだと思います。

STEP1 基本は部屋干しです。

突っ張り棒型の物干し竿を、壁と壁、もしくは家具と家具の間に吊って干すといいでしょう。
真ん中を重くすると落ちますので、壁の方から重いもの、真ん中は軽いものを干すようにします。

STEP2

カーテンレールでは重みに耐えらないのと、窓に近くて乾かないため、
窓から少しはなれたところに物干しを置くことをお勧めします。

STEP3 石油ファンヒーターで部屋を暖めている場合、その近くであれば

大体2日もあれば乾きます。
また、ファンヒーターの風をコタツに送るホースのような物も売っていますので
その風を利用して、早めに乾かしたいもの(子供の手袋や帽子など)をホースの上においておいたりします。

まとめ

洗濯物とは違いますが…
車通勤の方なら、
朝、除雪をしないと車を出せないことも多いので、朝は早めが肝心です。
夫婦総出で除雪ということもありますので、
子供にも、自分で朝ごはんを食べていられるようにしておいたり、
言われなくても支度が出来上がっているように言っておくと助かります。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

21

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する