更新日: 2011-02-05 11:40:11

パスタを茹でるときの塩について

著者: カミュ

編集者: カミュ

閲覧数: 383

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by jediduke

パスタを茹でるときには、なぜ塩を入れるのでしょうか。
また、その塩は一般的に、どの程度入れるものなのでしょうか。
パスタに関する素朴な疑問について記載してみたいと思います。

STEP1 ●パスタに入れる塩の分量について

一般的には、パスタ100グラムに対して、水1リットル、塩10グラム入れるそうです。

※上記分量が一般的ではあるが、実際にはパスタが200グラム以下でも2リットル以上の水を使ったほうがよいでしょう。

STEP2 ●パスタに塩を入れる理由について

1.下味をつける。
2.パスタはより高温で茹でるべきものなので、塩を入れ水温を高く保つ。
3.パスタに含まれるグルテンの変質によりパスタにコシが出る。

※パスタに塩を入れる理由については、諸説あるようです。

STEP3 ●調理の際の注意点

パスタをゆでる際に多めの塩を使っているので調理時の塩は控えめにしたほうがよいと思います。
塩味がほしい場合は、パスタの茹で汁を加えるとよいでしょう。

まとめ

たっぷりのお湯で、温度を高く保つ事がポイントになります。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

70

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する