更新日: 2011-02-05 01:55:35

雪下ろしのときの注意

著者: いなみわけ

編集者: いなみわけ

閲覧数: 393

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by いなみわけ

雪下ろしは、死亡事故につながる可能性もあり、注意が必要です。

STEP1 ①斜めの屋根は注意

斜めに傾いている屋根は、特に危険です。
こうした屋根は、あまり雪下ろしに適しません。

よっぽど積もっているのならば別ですが、
家がつぶれそうにない限りは、無理に雪下ろしをする必要はないです。

いきなり雪が落ちてきて、
屋根の下を歩いている人が怪我をする可能性もあるので、
ロープをはるなど、下を歩いている人に危険が及ばないようにしましょう。

STEP2 ②誰かにたのむ

特に高齢者の方は、自力で雪下ろしをしないほうがよいです。
うちの祖母も、
だいぶ前ですが雪下ろしで屋根から落ちて怪我をしました。

そうしたことを避けるために、
雪下ろしは誰かに頼んだほうがよいです。
年に何回もやるわけではないので、
さほどお金もかからないでしょうから、
業者に頼むとよいでしょう。

STEP3 ③屋根の融雪機をつける

また、屋根に融雪機をつけるというほうほうもあります。
後づけもできるので、
雪下ろしが大変ならば、これをつけてしまってもよいでしょう。

やや値もはりますが、危険な雪下ろしをする必要がないので、
楽に冬を過ごすことができます。

まとめ

慣れない雪下ろしは非常に危険です。注意しましょう。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

29

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
いなみわけ

趣味で、楽器の演奏をします。また、色々な所に電車で出かけるのも好きです。よろしくお願いします。