更新日: 2011-02-05 00:43:21

擬音語と擬態語の違い

著者: いなみわけ

編集者: いなみわけ

閲覧数: 754

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by いなみわけ

擬音語と擬態語の違いと、覚え方です。

STEP1 ①擬音語

まず擬音語は、実際になった音を、
言葉で表現した語です。

例えば、お菓子のふくろをあけると、バリッと音がなりますね。
この「バリッ」が擬音語です。
実際に音がなる場合に、擬音語が使われます。

STEP2 ②擬態語

一方擬態語は、実際には音がなりません。
例えば、男がぼうっとしている、というとき、
実際には「ぼうっ」という音はなっていませんね。

このように、音がなっていない状態を、
言葉で説明するのが擬態語です。
他にも、じぃっと見る、ごわごわする、
といったものも擬態語です。

STEP3 ③擬音語、擬態語を活用

日本語には、擬音語・擬態語が非常に多数あります。
小説を読んでいても、頻出することに気づくはずです。
詩はいうまでもありませんね。

こうした擬音語・擬態語には、
作家が独特の意味を込めている可能性が高いです。
小説・詩を読む時は、擬音語・擬態語に注意して読んでみましょう。
自分で書く場合も注意してみてください。

まとめ

擬音語・擬態語は自分でも開発できます。自分独自のものを作って見ても面白いでしょう。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

126

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
いなみわけ

趣味で、楽器の演奏をします。また、色々な所に電車で出かけるのも好きです。よろしくお願いします。