更新日: 2011-02-05 19:01:21

表現力の付け方

著者: せっちゃん

編集者: せっちゃん

閲覧数: 367

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by petertr

歌や楽器などを演奏する時に、表現力というものがありますよね。表現力の付け方をお教えいたします。

STEP1

表現力は、聞いていて何かが思い浮かんでくるということではありません。
感動するということでもありません。

たとえば、演奏の場合、聴き手に何かを「感じさせる」表現が出来るか否か、ということだと思います。

STEP2

演奏家がどう表現(演奏)したいかの意図が聴き手にありのままに伝わるという場合に限らず、演奏家の意図を超えて聴き手に何かの感情を起こさせるという場合もあると思います。

STEP3

方法の1つとしては、音楽で信頼できる人に自分の演奏を聴いて貰い、どこをどう表現すれば良くなるか客観的にアドバイスして貰うということ。
それから、自分の演奏を録音して自分で聴くのも1つですね。それを聴いた時に「ここの部分はもっとこう演奏した方がいい」と思ったりすると思うので、それを足がかりに表現力を磨きます。
あるいは、他人の演奏を聴くということも効果的だと思います。素人でもプロの名演でもいいですから、そこから「ここのこういう演奏のし方は取り入れたい」とか「この部分は自分はもっとこうしたい」といったことを見つけて、表現力を磨いてみては。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

44

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
せっちゃん



斉藤和義が大好きな、男の子二人のママです。

そして、コーヒーと新聞があれば落ち着きます。。。