更新日: 2011-02-04 14:33:47

風水で見るひな祭り     

著者: kakoteke

編集者: kakoteke

閲覧数: 2170

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by hiromama

3月3日はひな祭り。
この伝統行事を「風水」「開運」の
観点から書いてみました。

STEP1 ひな祭りは女の子の節句で、雛人形を飾ってお祝いします。

雛人形を飾って鑑賞する習慣は江戸時代に始まったといわれます。
当初は紙で作った人形で体をなでて穢れを移し、それを川に流し
て厄を祓う、厄払いとしての意味がありましたが、段々と人形が
華やかになり、川に流すのが忍びなくなって現在のように鑑賞する
形になったそうです。

STEP2

 ひな壇には風水的な意味があります。ひな壇を思い浮かべてください。
お内裏様とお雛様、三人官女と五人囃子...そしてピンクの桃の花と
黄色い橘の木がありますね。実は、この桃と橘が開運の道具なのです。
 ひな壇下の右側にはピンクの桃の木、左側には黄色い橘の木を飾ります。
一般にひな壇などは上を北と考えるので、ピンクの桃は東~東南、黄色い橘の木
は西~南西ということになります。つまり、「西に黄色で金運をアップ、
東にピンクで恋愛運がつく」という風水が施されているのです。女の子の
ために飾るひな壇には、金運と良縁が授かる知恵が隠されていたのです。

STEP3

 さらに、これらの運を協力にパワーアップしたいのなら、ひな壇を
部屋の北側に置きましょう。また、「3月3日を過ぎたらすぐ片付けないと
嫁に行き遅れる」とよく言いますが、風水では反対です。ずっと飾って
いても構わないくらいです。一年中とは言いませんが、なるべく長い間
飾っておいてください。雛人形を飾ることで女性としての慎み深さや
たおやかさが身につきます。
 雛人形を飾らないという方は、部屋の東南にピンクの花、西に黄色い
花を飾ってください。ひな壇と同じ運気を呼び込めます。この配置は、
京都御所のお庭がお手本となっているようです。

STEP4

 ひな祭りには蛤を食べるのが良いといわれ、地方によっては蛤のお吸物
を出す習慣もあります。蛤は同一の貝でなければ2枚の貝殻が合わないこと
から夫婦和合の象徴として女の子の節句に食べると良いとされているのです。
蛤に限らず、貝類を食べると勘が良くなるといいます。最近、判断ミスが
多いとか、失敗続きという人は、ぜひ食べてみてはいかがでしょうか?

STEP5

 3月3日は、端午の節句の菖蒲湯のように、桃の花びらを浮かべた
お風呂に入ると、太陽の恵みを受け、女の子は幸せになれるそうです。
 また、桃の節句のお祝いには「ピンクのもの」「甘いもの」が良いでしょう。
ピンクは良縁に恵まれ、甘いものは女の子の幸せと健康を増進してくれる
パワーがあるからです。桜餅などはまさにぴったりの贈り物といえるでしょう。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

46

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する