更新日: 2011-02-04 11:15:32

【日焼け止めの効果】

著者: ??

編集者: ??

閲覧数: 213

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by ??

日焼けに少しでも効果のある方法を取りたいのです。

STEP1

重ねて使った方が単体での使用に比べれば効果は高くなりますが、1+1が2になるわけではありません。塗り重ねればそれだけ厚塗りになるのでそれだけでも意味があると言えますが、基本的には数値が高い物が有効になると思っていれば間違いありません。

STEP2

SPF10以上は単純に時間係数が等倍になるわけではありません。せいぜい20までで30以上はさして変わりありません。

STEP3

紫外線吸収剤の場合は紫外線を吸収して熱に分解する化学変化を繰り返していますので、この分子構造が元に戻らず壊れてしまう場合があるという欠点があります。(肌に塗布した瞬間から徐々に効果は落ち続けるという説もあります)

STEP4

お使いの日焼け止めもそうですが、SPFが高いものは紫外線吸収剤と紫外線散乱剤を混ぜたりして効果を高くしていたり、使用感を良くしていたりします。こういった日焼け止めは肌への負担も大きい、つまり正常なターンオーバーを阻害してしまいます。

STEP5

日焼け止めをしていてもシミ・ソバカスが増えるのは肌へのダメージが大きすぎているということ。もっと低い数値の物に変えて(通勤程度ならSPF10~20・PA+で十分)こまめに塗りなおすことで効果を持続させてください。

まとめ

良質なタンパク質やビタミンなどを摂取して、健康な肌を作ることにも気をつけてみてください。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

83

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する