更新日: 2011-02-04 02:14:26

難しい言い回しを使う方法

著者: いなみわけ

編集者: いなみわけ

閲覧数: 600

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by いなみわけ

簡単な言い回しもいいですが、格式高い文を書きたいときは、難しい言い回しも使いたいですね。

STEP1 ①漢語を使う

難しい言い回しを使うのならば、
漢語を適当なところで使うと良いでしょう。

といっても、いきなり知らない漢語を多様するのは無理ですから、
漢語辞典をかたわらに置きましょう。

最初から多様はせず、
少しずつ漢語辞典から拾い、用例を使いながらおぼえていくと良いです。

STEP2 ②文語体の文から

実際の用例と照らし合わせながら使用すれば、
使いどころをあやまらず、
よって、知ったかぶりの使用と思われるのを避けることができます。

①のように、辞典をかたわらに置きながら使ってみるのが大事ですが、
それに加え、文語体の文から言い回しを拾ってみましょう。
特に明治あたりの文語文は、今の言葉に近いにも関わらず、
難しい言い回しを多様しています。
これを参考にするとよいでしょう。

STEP3 ③類語辞典

言い回しを変えるのであれば、
類語辞典が便利です。

簡単な言い回しを、徐々に類語辞典で難しい言い回しに変えていきましょう。
これで、簡単に書いた文でも、難しくできます。

まとめ

使いまわしは、自分の感覚で行うのがベストです。そこで、難しい言い回しをするには、それを身につける必要があります。普段から色々な本を読み、その言い回しを普段からまねてみましょう。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

56

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
いなみわけ

趣味で、楽器の演奏をします。また、色々な所に電車で出かけるのも好きです。よろしくお願いします。