更新日: 2011-02-01 10:12:49

噛むことの大切さ

著者: ahulili

編集者: ahulili

閲覧数: 377

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by keromako

普段、あまり意識することのない「噛む」。食べ物を噛むと、どんな効果があるのでしょう。

STEP1 噛むことは、肥満を予防します。

食べ物をよく噛むと、血糖の上昇・味覚や嗅覚などからの食物感覚刺激・消化液の分泌や消化活動による体温の上昇などで、脳にある満腹中枢が刺激されるそうなんです。これによって満腹感が得られ、食べすぎを防ぎます。

STEP2 噛むことは、集中力・記憶力をアップさせます。

食べ物をよく噛むと、あごの筋肉をたくさん動かします。それによって、あごの周りの血管や神経が刺激され脳の血流がよくなるため、集中力や記憶力がアップするといわれます。

STEP3

噛むことによって、だ液が出ます。そのだ液が虫歯を予防してくれます。
食べ物が口の中に入ると、虫歯菌が活動し、虫歯ができやすい状態になります。だ液は口の中に残った食べ物のカスを取り除くなどして、虫歯を予防します。

STEP4 だ液のちからは、消化・吸収もアップさせるそうです。

だ液に含まれる消化を助ける成分が、食べ物と混ざり合って胃や腸に送られます。そのため、食べ物の消化にスムーズになります。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

83

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する