更新日: 2011-07-28 21:02:03

説明書のもっとも効率的な保存方法!

著者: kazufree15

編集者: kumapis

閲覧数: 737

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by kazufree15

説明書整理のファイルが、たくさん売っていますね。
相当売れているようです。

でも!あれでもかさばって仕方ありません。

僕がオススメする方法は、
使うのはクリアファイル1枚のみ
専用のフォルダなども一切使いません。

説明書1つにつきクリアファイル1枚のみの
超シンプル整理方。

これでストレスがまったくなくなりました。
ぜひおすすめします。

STEP1 アスクルなどでクリアファイル100枚購入しましょう。

(一番薄手のものがよいです=かさばらないので)

薄さは片手で持ったときに、ふにゃっと折れてしまうくらい
薄くてOKです。

※参考価格:100枚=900円くらいです。

STEP2 さて、本題。

新たに買った家電の場合、
説明書・領収書・保証書などをまとめて
このクリアファイルに入れます。

STEP3 そして、

①付箋に製品名を記入し、みぎ上に貼ります。
※クリアファイルの開き口は向かって左になるようにしてください。
 通常とは逆向きに入れます。

STEP4

②セロハンテープで付箋のもう片方(のりついてないほう)を貼ります。

STEP5 これで完成。

すべての説明書(キッチン小物など、小さい形の説明書も)
をこのA4のクリアファイルに上記の方法で保存していきます。

サイズが統一され、かつうすでのクリアファイルへの収納のため
まったくかさばることなく、どんどんストックできます。

STEP6 ※補足

給与明細・公共料金明細書なども同じ方法でストックできます。
ストック、または保存するものはすべてこの形に統一しましょう。

僕はこの方法ですべて保存しており、
ストレスゼロ状態です。

まとめ

・ルーチン化
・付箋、セロハンテープとクリアファイルを同じ場所においておく
 (すぐ作業できるように)

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

98

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

・付箋
・マジック、ペン
・クリアファイル(超薄手)
・クリアファイルを入れる入れ物