更新日: 2011-01-31 10:06:49

太陽暦を知るポイント(1月1日)

著者: ??

編集者: ??

閲覧数: 646

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by ??

どうやって、1月1日を定めたのでしょう?

STEP1

 大昔の人は、まず、太陽の動きで日、続いて月の満ち欠けで月、星の位置とか太陽の位置で、年の考え方が身につきました。

STEP2

しかし、1年は、12回の月の満ち欠けではありません。あくまで、月の満ち欠けを基準にして、1年の暦を決めたのが、日本や中国の太陽太陰暦です。

月の満ち欠けを放棄して、単純に1年を12等分した「月」を設けたのが、エジプト発祥の太陽暦です。

STEP3

太陽太陰暦では、1日は月の形で決まってきます。どれを1月にするかは、各王朝によって違いました。冬至の月とかその次の月が多かったですが、漢代以降は、春が年の始めの季節という意味から、立春を含む月というようになりました。

ですから、日本や中国では、立春を含む月の新月の日が1月1日ということになりました。

まとめ

ローマでも太陽太陰暦が行われていましたが、その場合の1月は春分の月ということでした。シーザーが太陽暦が行われたエジプトの暦をローマに持ってきたとき(前46年)、春分を3月25日と決めたため、今の1月1日に決まりました。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

35

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する