更新日: 2011-01-28 01:32:02

「器械」と「機械」の違い

著者: いなみわけ

編集者: いなみわけ

閲覧数: 3009

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by いなみわけ

機械と器械は、似ているようで違います。

STEP1 ①器械

「器」のほうは、
一定の働きをする「道具」といった意味合いです。

跳び箱、鉄棒などは器械体操といいますね。
このような「道具」を指して、器械といいます。

STEP2 ②機械

こちらは、器械に比べてよりメカニックな、
自ら動力をもって動作するものを指します。

より複雑で、大規模な機構をもつものに対し、
機械の字を用いるとよいでしょう。

STEP3 ③使い分け

基本的に、動力の有無、規模の大小、複雑さ・単純さで使い分けるとよいです。
前者は機械、後者は器械となります。

しかし、現在は、機械も小型化が進み、
厳密に機械と器械を区別することは難しくなっています。

測定器などは、測定機などと表記することもできます。
その使い道で、使い分けるとよいでしょう。

まとめ

器械体操といった字には、今のところ「機」を使うことがありませんので、テストに出たら注意しましょう。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

77

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
いなみわけ

趣味で、楽器の演奏をします。また、色々な所に電車で出かけるのも好きです。よろしくお願いします。