更新日: 2011-01-27 22:49:38

結婚後も旦那のハートをつかんで離さない

著者: saita39

編集者: saita39

閲覧数: 1308

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by Shinichi Haramizu

「最近、夫の態度がそっけない」「昔より愛情が感じられなくなった」そんなふうに感じていませんか?
相手を変えるのではなくて“自分が変わること”が大切です。

この方法を実践して夫の気持ちが戻ってくるようにすると、毎日が楽しくなります。

STEP1 1. 「女」になる


結婚して何年もたった夫婦は、「男と女」というよりも、「夫と妻」「父親と母親」というようになってしまいます。
いつのまにか恋人同士だったころのことを忘れてしまいます。
しかし、いい関係を保つには「男と女」でいようと努力することが大切です。
とくに男性は、自分が男でいられることを求める傾向があるため、「夫」や「父親」をあてはめようとする妻よりも、男として受け入れてくれる女性に惹かれます。

いつもスッピン。
部屋着ばっかり。
という女性は要注意です。
旦那さんはあなたに対してときどき感を失っています。
女を感じさせるファッションやメイクで、夫の「男」の部分を刺激しましょう。

STEP2 2. 夫婦ゲンカをする!

夫婦ゲンカをまったくしない夫婦は、必ずといっていいほどどちらか一方がガマンをしています。
我慢している方は常にストレスを感じています。
我慢は永遠にやり続けることはできないのですから、いつかは我慢の限界が来て、離婚という最悪の状態になってしまう可能性があります。

夫婦ゲンカは本音を言い合えるチャンスです。
言いたいことを言い合える関係のほうが夫婦の絆は深くなるでしょう。

ただし、次の3つは守りましょう。
1.感情的になりすぎない
2.手は出さない
3.常識的な範囲の言葉遣いで
4.夫婦ゲンカの翌日は何事もなかったように振る舞う

STEP3 3. 甘える


電球を取り替えてもらったり、高いところのものを取ってもったりするくらいでいいのです。
自分でできることであっても、夫に頼ってみることが大切です。

「オレのことを頼っているんだな」と思わせることが肝心です。
夫の自尊心を上手にくすぐると、夫婦の絆が深まります。

STEP4 4. 家庭での居心地をよくする。

我が家は居心地がいいな~と思わせることが大切です。
片付けが甘かったり、汚れた部屋では居心地はよくありません。
家事も心をこめておこない、住みやすい部屋作りをすることによって、愛情のバロメーターとなって相手の心にも響くのです。

STEP5 5. 自分から行動する

相手に何かを望むなら、まずは自分から行動を起こしましょう。
旦那さんにされて嫌なことがあったら、自分自身の行動や言葉使いを思い出してください。
自分もされて嫌な行動をとっているかもしれません。
まずは自分から思いやりのある行動をとってください。
そうすれば、旦那さんからも思いやりのある言葉をかけてもらえるのです。
「試合に負けて、勝負に勝つ」という言葉もあるように、先に相手に譲歩する形で夫の信頼を勝ち得てみてください。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

84

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する