更新日: 2011-01-27 00:21:16

エンタープライズ(CVN-65)世界初の原子力空母

著者: ??

編集者: ??

閲覧数: 574

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by ??

アメリカ海軍の航空母艦。世界初の原子力空母。その名を持つ艦としては8隻目。2006年バージニア州ノーフォークを母港としている。

STEP1

世界初の原子力空母であるため、原子炉は低出力ものとなり合計8基の原子炉を搭載することになった。エンタープライズの艦種分別番号はCVN-65(Nは原子炉の意味)ビッグEの愛称で呼ばれる。

STEP2

発注・1957.11.15
起工・1958.02.04
進水・1960.09.24
就航・1961.11.25

STEP3

当初はエンタープライズ級航空母艦6隻の1番艦となる予定だったが、建設費の増大から同級建設計画はキャンセルされ建設予定のCV-66 は、キティホーク級航空母艦の1隻として建設された。

STEP4

CVN-67は、新型原子炉を組み込んで建設される計画だったがそれもキャンセルとなり ジョン・F・ケネディ(CV-67)として再発注された。

STEP5

エンタープライズは1961年の就航から,さまざまな作戦や演習など参加してきた。そして、2015年にジェラルド・R・フォード(CVN-78)が、就航するまで現役である予定だったが2013年度中にエンタープライズを退役させると表明し、ジェラルド・R・フォード2番艦(CVN-79)の艦名をエンタープライズにすることを、決定した。

まとめ

エンタープライズは、世界初の原子力空母である点を考慮し博物館船として保存という意見もあるが、行く末は未定である。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

31

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する