更新日: 2011-01-26 18:38:07

日露戦争の裏舞台「芸予要塞」

著者: rakukou

編集者: rakukou

閲覧数: 333

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by isinoid

愛媛県今治市の瀬戸内海に浮かぶ「小島」は
島全体が日露戦争を想定して作られた要塞になっています。



STEP1 日露戦争では一度も使用されることなく終戦となり、

ひっそりとその役目を終えた芸予要塞・・・

当時、日本各地に要塞が作られましたが
その形を残してる要塞は数少なく、芸予要塞は大変めずらしいそうです。

STEP2 【島内の主な施設】

・探照灯跡
  夜間に船を発見するためのサーチライトの役割をしていたもの

・発電所跡 
  火力発電所だったため裏には大きな煙突も。

・地下兵舎跡・浄化装置跡
  小さな島で雨水を溜めての水の確保は大変だったようです。

・弾薬庫跡
  山をくり抜いて作られたそうです。
  湿気を防ぐため、上げ床になっていて、その煉瓦のアーチは明治期の建造物らしく見事です。
  
・司令塔跡
  高台にあり海を見渡せ、とても景色がいいです。

・砲台・砲座跡

STEP3 ●今治市波止浜港から来島~小島~馬路航路で約10分

(波止浜港には駐車場あり)

島の遊歩道はきれいに整備されていますが、舗装はされていません。

小さな島なので、半日あれば、すべての施設を見て回ることができますが、
自動販売機やお手洗いなどの施設は船着き場にあっただけなので要注意。

まとめ

今治地方観光協会HP
http://www.oideya.gr.jp/

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

54

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

動きやすい靴・服装
飲み物