更新日: 2011-01-24 12:07:59

卓球台は何からできているのか?

著者: itsuki1030

編集者: itsuki1030

閲覧数: 396

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by AndreaParins

卓球は世界で最も競技人口の多いスポーツで、1988年にオリンピック種目になりました。

STEP1 歴史

19世紀にイギリス人が、ネットとピンポン玉の代わりに本とシャンパンコルクを用いて行ったゲームが卓球の起源です。1901年に”ピンポン”という言葉がロンドンのJ.ジャック&サン社によって商標登録され、その後アメリカのパーカー・ブラザーズという会社に権利が譲渡されました。

STEP2 卓球台

公式の卓球台は、塗料で塗られたメソナイトと呼ばれる繊維板の一種でできており、コートは網の目状のネットで仕切られています。ネットは金属サポーターで支えられ、サポーターはコンパクトに折りたたみ可能です。

STEP3 台の大きさ

卓球台の規格サイズは
幅152.5×長さ274×高さ76cm×ネットの高さ15.25㎝ です。

STEP4 ラケット

当初イギリス人はシガーボックスのふたをラケットとして使っていましたが、その後、イギリス人のE.C.グードが突起の付いたラバーシートを張った薄い木の板をラケットとして取り入れました。

STEP5 ボール

シャンパンのコルクや糸の玉がピンポン玉の代わりに用いられていましたが、イギリス人のジェームス・ギブがアメリカで見つけて持ち帰ったセルロイドの球が使われるようになりました。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

46

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する