更新日: 2011-01-23 21:11:43

A・ジョリーが精神障害を患う「17歳のカルテ」

著者: すもお

編集者: すもお

閲覧数: 639

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by すもお

A・ジョリーが精神障害を患う「17歳のカルテ」

実際にも精神障害を抱えていたというウィノナ・ライダー主演の「17歳のカルテ」には、今をときめくアンジェリーナ・ジョリーも出演しています。

60年代末、多感な少女が精神病院で体験した心の葛藤と友情を描いたこの物語は、実話をもとにしています。

STEP1

周囲に理解されない悩みに取りつかれた17歳のスザンナ(ウィノナ・ライダー)は、多量のアスピリンとウォッカを摂取し、精神病院に入院します。顔にやけどを負った少女、鶏肉と下剤しか口にしない少女、病的な嘘つきなど様々な少女が入院するこの病院では、常時厳しい監視が置かれていました。

しかし、その監視をかいくぐり、深夜になると患者のリーダー格リサ(アンジェリーナ・ジョリー)を中心にして、自分のカルテを盗み見たりして遊ぶ思春期らしい少女たちの姿がありました。

STEP2

ある日、リサから脱走を持ちかけられたスザンナは、既に退院した少女の家に身を寄せることになりました。しかし、リサは退院した少女が父親と性的関係を持っていると知り、彼女をなじり、自殺に追い込んでしまいます。

人の死を前に何もできなかった自分に涙を流すスザンナは、それ以降自分の気持ちを日記にしたため、精神科医や看護婦に思いを打ち明けるようになります。脱走中のリサと離れて安らぎすら覚えるようになったスザンナは、遂に退院する運びとなり、リサに別れを告げます。

STEP3

その晩、リサは他の少女たちの前でスザンナの日記を読み上げ、仲間のことをを書いた罪で彼女を責めたてます。スザンナは、リサの心は冷えきっていて、既に死んでいると言葉をぶつけます。

翌朝、手足をベッドに縛り付けられたリサは、退院するスザンナに「私は死んでいない」と涙ながらにつぶやくのでした。

アンジェリーナ・ジョリーは、この役で数々の演技賞を受賞。一方、プロデュースまで務めたウィノナは、アンジェリーナの活躍に嫉妬し、恨みの言葉を吐いて注目を買いました。

まとめ

原作の邦題は、「思春期病棟の少女たち」というこの映画。ウィノナ・ライダーは、公開時30歳。原作に惚れ込んで、映画化権を獲得しました。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

94

関連タグ:

kamechi2010さんのコメント

2011/01/23 22:18:33

17歳はとっくに過ぎていましたがこの映画観ました。現在の思春期を迎える子供とその親に観てほしいなと思う作品ですよね…って私だけかな?

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
すもお

こんにちは。
活字中毒でかぶりもの好きな☆すもお☆です。
オバフォー独身です。

中学から美大の付属に通い、風変わりな事物に慣れ親しみました。紙媒...

必要なもの

17歳のカルテ