更新日: 2011-01-23 20:49:06

「人生の3分の1は布団の中」は理想だが現代人には時間がない、本当に睡眠って必要?

著者: ??

編集者: ??

閲覧数: 285

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by ??

毎日毎日、時間に追われているあなた、寝ないですむなら寝ないにこした事はないですが、睡眠時間を削るどうなると思います、

STEP1

睡眠時間ですが、少ないとどういった症状が現れるかご存知でしょうか?食事などは運動するためのエネルギーに変わるため必要性はわかりやすいのですが、睡眠の場合、寝ているだけなので効果がわかりにくいのは事実です。ですが、ここに動物実験の結果があります。「はじめの数日間はエネルギー消費量が増え食欲が増すようです。そのうちに「体重減少」し「衰弱」そして「体温低下」ついには「死亡」。というように、睡眠はたいへん重要なものなのです。

STEP2

どれくらい起きていられると思います? 勇気あるチャレンジャーが挑戦してますので結果を発表します。64時間起き続けた結果、起きているのがやっとで、数秒で寝てしまう「あぁ、いま寝てたかも?」という状態です。とてもじゃないですが、こんな状態では、言うまでもありません「単純作業、記憶力、注意力、特に複雑な作業」すべてにおいて作業能力が著しく低下しています。

STEP3

では、どれくらい寝ればいいのでしょう? 平均的には7時間とされていますが、人それぞれのようで、8時間寝たから睡眠は大丈夫で、5時間しか寝てないから睡眠不足というわけでは、ないようです。例として、「3時間の睡眠で大丈夫な(ナポレオン)」から「10時間も寝ていた(アイン・シュタイン)」などが、有名です。この、短時間睡眠と長時間睡眠は、どちらが良いという訳ではないようで、生まれ持った体質により決まっているようです。

まとめ

結局、時間がないのでこのまま「寝ずに作業、勉強を続ける」っていうのは、まったく効率が悪い方法で、ちゃんと睡眠をとりながら行うほうが「効率が良い」ということになります。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

64

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する