更新日: 2011-01-23 00:07:23

ウールマークの洗濯

著者: saita39

編集者: saita39

閲覧数: 781

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by ototadana

おうちの洗濯機でウールのおしゃれ着アイテムを、ふんわりに仕上げましょう!

STEP1 1  お洗濯前


まずは衣類に付いている取り扱い絵表示をチェックします。
手洗い30と記載されているのは液温は30度を限度とし、弱い手洗いがよい。という意味です。30度のお湯で手洗いをする、という意味ではありません。
ドライとは 「ドライクリーニングができる」という意味です。
ドライクリーニングに出さないとお手入れできない、という意味ではありません。

そして、次にきちんと仕分けをします。ウールの衣類はおしゃれ着洗い専用の中性洗剤を使って洗いますから、ふだんの洗濯洗剤でほかのものとといっしょに洗うことはできません。
水流もふつうのお洗濯とは異なり、よりソフトな水流でやさしく洗います。

STEP2 2  気になる汚れは前処理しておく


汚れが目立って気になる部分には、洗剤の原液を少しだけつけ、指先でトントンとたたくようにして汚れを浮かせます。
セーターの汚れやすい部分である袖口・胸元・首周りは洗濯機に入れる前にチェックしておきましょう。
このとき、肌触りが悪くなる原因となるごしごしもみ洗いや、長時間のつけおき洗いは厳禁です。

STEP3 3  洗濯ネットと衣類は1:1

一枚のネットに一枚の衣類を入れるようにします。
洗濯ネットには、中で衣類が動かないようにするという役目や、汚れ落ちにムラができ内容にしたりする役割があります。
たたむときは、汚れが気になる面が表に出るようにたたむと効果的です。

STEP4 4  洗濯液に衣類を沈める


ネットに入れた衣類は水を吸収しにくいので、洗濯機にポンと入れただけでは、浮いてしまって洗剤が浸透しません。
なので、繊維に洗濯液がしっかりとしみ込むように、洗濯槽に水が入った状態のときに一度蓋を開けて、中の状態を確認し、手でネットに入った衣類をしっかりと洗濯液のなかに沈めましょう。

STEP5 5  型を崩さず、陰干しする


脱水が終わったら、すぐに干します。
洗濯機のなかでほうったままにしておくことはしわの原因になるからです。
干すときは、セーターは型がくずれないように、平らな場所に形をととのえて干すようにします。
ハンガーを使う場合は、袖をダラリとたらしていると、乾いたときに袖も首回りもダラリと伸びてしまいます。
マフラーやストールを干すときもある程度たたんだ状態でハンガーや物干しにかけて干すようにします。
ウールへの直射日光は色あせや黄ばみの原因になりますから必ず陰干しをしましょう。

STEP6 6  スチームアイロンをかける


セーターから少しアイロンを少し浮かせた状態で、形をととのえながらスチームアイロンをかけます。蒸気で繊維の目がそろい弾力性が回復し、ふっくらとします。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

86

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する