更新日: 2011-01-22 23:49:35

冬小物のお手入れ

著者: saita39

編集者: saita39

閲覧数: 447

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by bm.iphone

手袋やブーツなど冬小物はちょっとしたひと手間のお手入れできれいにすることができます。
節約にもなりますので一石二鳥です。
基本を覚えて習慣にしてしまいましょう。

STEP1 ★ 衣類や小物もブラッシングで洗濯回数を減らす


ファーのお手入れはブラッシングでお手入れします。
コートやジャケット・ニット類も、脱いだときにブラッシングをしておくと埃や垢が落とせるので汚れがたまりにくくなり、ひいては洗濯やクリーニングの回数が減らせます。

ブラッシングの基本は、上から下へ襟、肩、袖と袖口、前後ろの身頃の順。毛の流れに沿ってかけ、汚れが目立つ部分は毛の流れに逆ってブラッシングします。
襟や袖口は表裏ともしっかりと、最後は毛の流れに沿ってかけます。ただしニット類は極やさしくかけることが大事です。
毛玉の予防にもなります。
ブラシの質は豚毛が一番適しています。

STEP2 ★ 皮革ジャケットやバッグ

皮革製品の汚れ対策には、私たちの顔と同じようにします。
「洗顔=>皮革用クリーナーで汚れ落とし」をしたあと、「化粧水や乳液=>皮革用クリームで保湿と栄養補給」をします。

STEP3 ★ スエード生地

スエードにも専用のクリーナーなどがありますが、その前に、キッチンなどで使うスポンジでこするだけで毛並みが揃いきれいに見えます。
消しゴムでやさしくこすっても汚れが落ちます。

STEP4 ★ ブーツの臭い

ブーツは脱いだら脱臭剤を入れてボルダーにかけるなどして、内側に残りがちな湿気を取り去ります。
重曹を布に包んで口を縛った手作り脱臭剤もおすすめです。

また、水で薄めた衣類用洗剤を布につけて固くしぼり、ブーツの内側を拭いて、さらに水ぶき、からぶきをしてから、風通しのよいところでしっかり陰干しします。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

45

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する