更新日: 2011-01-21 12:46:27

端午の節句の飾りの選び方

著者: milchman

編集者: milchman

閲覧数: 863

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by toooooool

「ひな祭り=ひな人形」と違って、端午の節句には飾りの種類がいくつかあります。全部揃えるとお金が大変だけど、どう選べばよいのか…。そんな方のために、それぞれの特徴を調べてみました。

STEP1 まず、大まかに「外飾り」と「内飾り」にわかれます。

内・外というのは飾る場所のことです。
すなわち、
・外飾り=鯉のぼり
・内飾り=兜・鎧・人形のたぐい
ということです。

外飾りは立身出世を願うもの、内飾りはその子の無事の成長を願うものなので、場所の都合が付けば、「両方」あるほうが望ましいと言えます。
どちらかにするなら、立身出世と無事の成長どちらを優先するか、優先順位を付けると良いでしょう。

STEP2

内飾りには兜・鎧・人形といろいろな種類がありますが、いずれも「身を守る」ものだという点で共通しています。
つまり、「兜・鎧が身を防いでくれて、その子に交通事故や大きな病気がありませんように」という思いを込めたものが五月人形であり、それが兜か鎧かはあまり大きな問題ではないようです。

ただ、鎧と兜では圧倒的にサイズが違います(もちろん、それぞれ大きいものから小さいものまでそれぞれですが)。家で置き場に困らないもの、インテリアと併せてしっくりくるものを選ぶのが良さそうです。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

46

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する