更新日: 2011-01-21 11:26:52

夜寝られない生活から脱出する方法。

著者: econoco

編集者: econoco

閲覧数: 749

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by EyeNo

何かの拍子に昼と夜が逆転しまって、
生活のリズムが乱れ、そのまま夜眠れない生活が定着してしまうことってありますよね。
眠れるかなと思って布団に入っても、目が覚めてしまったり。
そうするうちに余計なことを考え出して不安になったり。
昼間に眠気に襲われて、授業や仕事に集中できなくて困ったり…。
そんな乱れっぱなしの生活のリズムをもとに戻す方法をお教えしましょう。

STEP1 仕事で残業が続いたり、試験勉強を夜中まで頑張ったり、

短い期間だけだからと思っていても
その短期間にカラダの神経が昼と夜が逆転していると感じてしまうのでしょう。
神経にはカラダを興奮させる交感神経と
カラダをリラックスさせる副交感神経があります。
交感神経が昼は優位に働き、副交感神経が夜に優位に働き、
それが毎日交互に繰り返されるのです。
この神経の働きを元に戻してあげることが必要です。

STEP2 1.季節的に寒い季節で、もしも冷え性だったりする場合は

 湯たんぽを使う、電気毛布を使うなど、眠る環境を快適にしてみることをオス
 スメします。

STEP3

2.眠れない時はひつじを数えるとよく言いますよね。眠れないままに余計なこと
 を考えてしまうとさらに眠れなくなってしまうもの、数を数えて頭の中に余計
 な考えが浮かばないようにするのもいいかもしれません。

STEP4

3.睡眠不足にならないように、意識してその日の用事を時間内に片付けてしまう
 よう心がけ、夜は23時に寝よう!と決めたらまずはその時間を目標に実行して
 みましょう。
 女性は貧血になりやすいので、ビタミン・カルシウムなどもよくとられ、ゆっ
 くりされるようにしてください。

まとめ

他にも、いろいろ睡眠不足を解消する方法を紹介しているサイトがあるのでリンクを貼っておきます。よかったらこちらも参照してみて下さい。
http://www.susaki-dragon.com

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

49

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

湯たんぽ
電気毛布