更新日: 2011-01-21 11:26:52

皮膚の水分を逃さない、外刺激から肌を守る セラミドとは?

著者: tarook

編集者: tarook

閲覧数: 698

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by tarook

乾燥肌が気になる。敏感肌だ。アトピー性皮膚炎かもというひとは、このセラミドの量が減っています。

セラミドは図のように、角質層の細胞と皮膚の細胞の間にあり、皮膚の水分を逃さない、外刺激から肌を守る働きをしています。

セラミドの量を保って、潤い感・プルプル感のある肌に近づけましょう。

STEP1 <セラミド入りの入浴剤は乾燥性、敏感肌に有効>

Photo by tarook

お湯でセラミドが溶けてしまいますので、入浴剤はセラミド入りをおすすめします。
お近くのドラックストア等で探してみてください。

参考までに楽天の検索結果を掲載します↓

http://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E3%82%BB%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%89%E3%80%80%E5%85%A5%E6%B5%B4%E5%89%A4/-/?c=2836&l-id=s_search&x=0

STEP2 <化粧品で保つ>

Photo by tarook

顔に塗ったり、ボディーに塗って保湿をしましょうー

参考までにアットコスメの検索結果を掲載します↓
http://cosmeet.cosme.net/top/search?radio=on&fw=%83Z%83%89%83%7E%83h

STEP3 <小麦や米の胚芽などの食べ物やサプリメントで補給する>

Photo by tarook

食べ物で補えない方は、サプリメントで補給しましょうー

参考までにケンコウコムの検索結果を掲載します↓
http://www.kenko.com/product/seibun/sei_834011.html

STEP4

潤い・プルプル感をご堪能ください!

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

31

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
tarook

絶対に外せないビジネスの7原則