更新日: 2011-01-21 02:03:51

音楽を冗長に感じさせない方法

著者: いなみわけ

編集者: いなみわけ

閲覧数: 400

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by いなみわけ

クラシック音楽などを聴くと、どうしても退屈を覚える方もいるかとおもいます。聴いている人が、退屈しにくい演奏法です。

STEP1 ①繰り返しで変化をつける

音楽だと、同じモチーフを繰り返すことがあります。
このとき、全く同じ弾き方をすると、
どうしても聴いている人が飽きることがあります。

もちろん、ミニマル音楽などは同じ繰り返しに意味があるのですが、
クラシックなどは自由に変化をつけても良いとおもいます。

音量を変える、スピードを変えるといった手法があります。

STEP2 ②内声を利用する

ピアノでクラシックを弾く場合、
基本的にメロディーを強く弾き、
それ以外を内声といって、メロディーニ比べて弱く弾きます。
これにより、聞き手に曲のメロディーをわかりやすくできます。

しかし逆に、内声を目立たせるという手法もあります。
最近では、カツァリスという人がよくやる手法です。
内声から、主旋律とは違うメロディーを作り出し、
それを主旋律に絡める、あるいはより強く弾くという手法です。

繰り返し部分でこれをやると、聞き手が飽きにくいです。

STEP3 ③繰り返しを省く

最後の手段として、繰り返しを省いてしまうという手もあります。
特にソナタなどは、構成上繰り返しが多く、
聴いている人が飽きてしまうことがあります。

演奏する場にもよりますが、
聴いている人が飽きてしまうと思ったら、
思い切ってカットしてしまうのも一つの手です。

まとめ

表現の仕方によって、冗長に感じさせない方法は様々あります。聴く人も、そうした変化を楽しむと良いでしょう。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

69

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
いなみわけ

趣味で、楽器の演奏をします。また、色々な所に電車で出かけるのも好きです。よろしくお願いします。