更新日: 2011-01-22 01:36:50

しっておきたい塩の使い方

著者: mamamacaron

編集者: mamamacaron

閲覧数: 176

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by Rhian vK

何気なく使ってる塩ですが、正しく使いたいですね。

STEP1

ホウレンソウや小松菜などの葉野菜をシャッキリ色よく野菜をゆでるコツは塩の量です。
塩を入れすぎると色が濃い緑色になるうえに、野菜からぬめりが出ます。
お湯に入れる塩は、ひとつまみぐらいが目安です。
もちろんゆで過ぎもタブー。
塩ゆではあくまでもさっと、がポイントです。

STEP2

塩がきつすぎる鮭や、数の子などの塩抜きをする時も、真水でなく塩水に浸けましょう。
真水に浸すと早く塩分は抜けますが、同時に魚のうまみも出ていってしまいます。
1~1.5%の薄い塩水に浸けると浸透圧の関係で、適度な塩分とうまみを残せます。
この方法を「呼び塩」といいます。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

63

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する