更新日: 2011-01-17 18:28:06

外出時に火の元・水道などの心配をなくす方法

著者: いなみわけ

編集者: いなみわけ

閲覧数: 1661

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by いなみわけ

外出時に、家の元栓をきちんとしめたか、水道がきちんとしまっているかなど、心配になってしまうことがありますね。心配性気味だとわかっていても、心配になってしまうものです。

STEP1 ①声だし確認

ガスの元栓をきちんとしめたか、
ストーブをちゃんと消したか、
水道をきちんとしめたか、
アイロンをつけっぱなしにしていないかなど、
外出時にちゃんと確認したいですね。

そこで、それらをきちんとやって、かつ外出前に、
きちんとなっているかどうかを声を出しながら確認していきましょう。

これにより事故も減りますし、
ちゃんとなっていることを自分でしっかり確認することで、
外出後にも安心できます。

STEP2 ②たばこは吸わない

心配性の方は、たばこは吸わないほうが良いでしょう。

たばこの消し忘れで火事になることは実際にあり得ますが、
どちらかというと、それをきちんと始末したかについて、
外出後に心配になってしまうこともあり得ます。

自分なりの確認法があればよいのですが、
なければ、心配をなくすために、
たばこは自宅で吸わないほうがよいかもしれません。

STEP3 ③心配のもとを消していく

心配のもとになりそうなものは、消していきましょう。

例えば、冬は水道管が凍結する可能性がありますが、
外出後にそれが気になると、ずっと気になってしまいますので、
外出前にちゃんと水抜きしておくとよいでしょう。

ただ、いちいち片付けるのは難しいものもあります。
そうしたものについては、①のように声だし確認をしていくとよいです。

まとめ

朝慌てて家から出ると、あとで不安になることが多いです。時間に余裕をもって外出しましょう。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

67

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
いなみわけ

趣味で、楽器の演奏をします。また、色々な所に電車で出かけるのも好きです。よろしくお願いします。