更新日: 2011-01-16 06:54:45

若い人にも広がる「ゲートボール」を始める方法

著者: milchman

編集者: milchman

閲覧数: 1050

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by Kuruman

おじいちゃんおばあちゃんのスポーツ、という印象が強いゲートボール。実は若い人でも楽しめる競技です。

STEP1

高齢者が楽しめるスポーツ、ということは、筋力や体力に関係なく楽しめるということです。運動が苦手な若者も、体力的に未熟な小学生も、同等に勝負することができます。

STEP2 ルールは以下の通りです。(参照元:初心者向けパンフレット)

・1チーム5人対5人で行います。
・競技時間は最長30分間。
・チームの代表同士が何らかの方法(じゃんけん、コイントスなど)で先攻後攻を決めます。
先攻チームは赤ボール(奇数番号)、後攻チームは白ボール(偶数番号)を持ちます。
・打順はそれぞれのボールに書かれている1~10の番号順で、赤ボール、白ボールを交互に打っていきます。プレイヤーは、自分の打順と同じ番号のボールを持ちます。
・スタートエリアより第1ゲートに向かって打ち、第1ゲート、第2ゲート、第3ゲートを通過させ、最後にゴールポールに当てると上がりです。
・第1ゲート、第2ゲート、第3ゲートの通過に成功するとそれぞれ1点つづ獲得できます。
・ゴールポールに当てると2点獲得できます。
・プレイヤー1人あたり5点まで獲得でき、チーム5人全員が上がると25点。これをパーフェクトゲームといいます。
・先に5人全員が上がったチームが勝ち。30分間のうちに、どちらのチームも全員が上がれなかった場合は、チームの総得点数で勝敗を決めます。

まとめ

場所と道具と人数を揃えるのが難点といえば難点です。自治体で施設を持っている場合も多いので、相談してみてください。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

33

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する