OKWAVE Guide 印刷用:生姜シロップ飲み比べで体ポカポカ|OKWAVE Guide[OKWAVE ガイド]
Large

必要なもの
生姜シロップ

生姜シロップ飲み比べで体ポカポカ

今シーズンは、生姜紅茶がブームな冬ですね。
食品メーカーも、
生姜味の開発にせっせと頑張っている気がします。

紅茶に混ぜたり、お湯に溶かして飲んだりできる、
生姜シロップも便利。各社から発売されています。

【ステップ1】

・コンフィチュール エ プロヴァンス 735円~
果物を煮込んで、新鮮なおいしさを閉じ込めたコンフィチュール。
こちらのお店では、南仏プロヴァンスのアトリエで製造されたコンフィチュールを楽しむことができます。

ジンジャーシロップは、生姜の他に唐辛子・黒胡椒・クローブ・レモングラスなどのスパイス入りで、体が一層あたたまります。
味は、プレーンを基本に、レモン・ドライ・ホワイト・はちみつ・いちご・黒糖・ブルーベリー・梅・りんごはちみつ・キャラメルバニラ・抹茶・赤ワイン・白ワインとバラエティがかなり豊富。飽きずに、一年中でも楽しめそうです。

ゼリータイプの飲む生姜 銀座のジンジャー Puru Puru 飲む生姜も、ひと味違っておすすめです。

コンフィチュール エ プロヴァンス
http://www.cep-shop.co.jp/

【ステップ2】

凹カステラで人気を博した、ハレノヒ特製のジンジャーシロップです。
生姜に加えて、清々しいハーブのレモングラスが入っているのが特色で、香り豊かなシロップに仕上がっています。

生姜は、高知の契約農家から仕入れたという厳選もの。合成着色料・保存料無添加で、パンチの効いた辛味を味わえます。

(届)ハレノヒ
http://www.rakuten.co.jp/harenohi/


・「冷え知らず」さんの飲む生姜 1,200円
雑炊やスープ、チャイ、お菓子などのシリーズ商品が続々と発売されている、永谷園の「しょうがの知恵」シリーズ。
生姜の搾り汁にレモン果汁とシークワーシャー果汁を加えて爽やかさをプラスした飲む生姜には、甘味のついたタイプと甘くないタイプがあります。

永谷園
http://www.nagatanien.co.jp/

【ステップ3】

高知県産の大生姜に、はちみつとレモンが加わったシロップです。
ほんの一口飲んだだけで、カァーッと体の中から熱くなってくるような効き目があり、強烈な辛味がクセになります。
ストレートで飲むのもおすすめされているので、おちょこサイズの容器でぐいっと飲む習慣をつけるのも良いですね。

・生姜蜜(しょうがみつ) 1,050円
生姜汁に、クローバーのはちみつ・白ぶどう果汁・レモン汁・洋酒・シナモンを加えた大人の味です。ミルクに合うということで、ヨーグルトに混ぜる食べ方もおすすめです。

セゾンファクトリー
http://www.rakuten.co.jp/saison-f/

【ポイント】

毎日飲んで、体の中から美しく健康になりましょう!