更新日: 2011-01-17 00:56:45

授乳期にお勧めの一品

著者: catherine-z

編集者: catherine-z

閲覧数: 347

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by catherine-z

授乳期にどんな食材がいいとかなんとか言われますが、
結局のところの悩みは、育児中にいかに簡単に栄養のバランスをとれた食事ができるかですよね。

そこで、栄養がとれる、作るのも簡単、食べるのも簡単だから抱っこしながら食べられる、それがいつかは離乳食にもできる一品をご紹介します。

STEP1

まず、アレルギーと授乳の関係ですが、妊娠中も授乳期も、お母さんがこれをたくさん食べたからアレルギーが出たという因果関係がはっきりわかっているのは、ある小児科の先生から聞いた学会の発表によるとナッツ類だけだそうです。
ですから、アレルギーは親が悪い、特に母親というレッテルを貼りたがる人や、意味が分からない商品や宗教はスルーしましょうね(^_-)

ただ、赤ちゃんのことは臨床実験がなかなかできないことから●●な傾向があるとしか言えないそうなんです。
ですから、お医者さんから卵はやめておきましょうとか言われたら指示に従って下さい。

STEP2 ステップ1をふまえて、とりたいのはバランスのいい食事です。

この食材がいい悪いはさておいておきます。

STEP3

鍋にたくさんの野菜、肉魚類、豆類、海藻類など、多種類の材料を一口大で入れてしまいます。
そして、水を入れて煮込みます。
味はお好みで味噌でも中華風でも。
そうすれば、具だくさんのスープが出来上がり。
この一品で、他のおかずがなくても十分。


煮込んでいる間は赤ちゃんと触れ合うことができますよ。
それに、スプーン一本を片手に持てば食事できるので、赤ちゃんを抱っこしながら食事できます。

余ったらお皿に注ぎ分けて冷蔵庫へ!
そこからチンすれば次の食事もそれで済むので、だっこしながら片手で温められて便利です。

STEP4 この具だくさんスープ、離乳食にそのままできますよ。

食材のアレルギーに注意して、1材料ずつ追加していくことが大事ですが、
具だくさんスープを味を付ける前にとっておいたり、
具を取り出してつぶせば立派な離乳食になります。

これで、離乳食と大人用のスープと一緒にできちゃいます。

まとめ

赤ちゃんが生まれたらあれもこれもおかずを作らなきゃと焦らずに
品数は少なくても使う食材が多いレシピを心がけると、精神的にも楽になるし、体の調子もよくなりますよ。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

63

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する