更新日: 2011-01-14 17:57:14

花屋さんになる方法

著者: さゆりぼん

編集者: さゆりぼん

閲覧数: 504

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by nakimusi

お花屋さんって、女の子の将来の夢に必ず入っていますよね。
花屋さんになるのに実は資格は必ずしも必要ありません。
花を仕入れて、売るということにスポットをあててみます。

STEP1

お花屋さんになるには、資格をとってからとか色々考えたり、スクールに行って、すごくお金がかかると思うかもしれませんが、純粋な意味で、お花を仕入れて、売るということはだれでもできるものです。
まず、近隣の花市場を調べます。

STEP2

事前に市場の情報を見て、仲卸というのがあるか確認します。セリをやっている市場自体は一般の人は入れませんが、仲卸は入ることができます。だいたいバラ10本単位で売っています。10本で1000円以下もザラにあります。花ハサミで、茎を切って、バケツにつけ、水揚げをします。少し緑を足して、ラッピングしたら、3000円台の花束に見えます。これが売れたら、2000円ぐらいの利益になるわけです。

STEP3

問題は、どこで売るかですが、最初は友人にプレゼントしてもいいでしょう。
売るのは、自宅前とかインターネットのオークションに出品してみるとか、
近所の八百屋さんのオーナーにかけあってみるとか、工夫次第で色々道がひらけます。

まとめ

フラワーアレンジもできたら、もちろんいいですね。
でも、フラワーアレンジの資格取得に100万円近くかけたりするよりは、
実践的なアレンジを教えてくれるところがいいです。資格取得しても、ある意味
役に立たない、センスが重要な世界です。
あとは、花屋さんをやりたいという意志が大事です!

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

72

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

行動力

花ばさみ
バケツ