更新日: 2011-01-14 09:49:24

花粉症・アレルギー性鼻炎を軽くする方法

著者: さゆりぼん

編集者: さゆりぼん

閲覧数: 614

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by yto

花粉症の季節が近づいてきました。小さい頃は、花粉症ではなかったのに、大人になってから発症してしまった人も多いのではないでしょうか。
花粉症対策として、チェックしたいポイントをご紹介します。

STEP1

花粉症になるということは、体がアレルギー物質に対して過剰に反応しているということです。コップの水で例えると、いままでは、ぎりぎり水がはいっていたのに、花粉の時期になったら、さらに水が注がれてあふれてしまうというイメージです。
ですので、花粉以外にも、アレルギー物質を体に入れないようにします。

STEP2

そこで、チェックしたいのが上掛けの布団です。寝ているときに、一番鼻先に近いですね。布団の種類としては、化繊、綿、ウール、羽毛等、色々あると思いますが、羽毛を使っている人は要注意です!
実は羽毛布団は、いわゆるハウスダストといわれるようなほこりを一番出してしまうのです。

STEP3 花粉症、鼻炎が気になる人は、上掛け布団を変えてみましょう。

化繊の布団、とくにダニがつきづらく、ホコリを出さない機能性を持った化繊の布団が多く売られています。家族と一緒に寝ている人は、できれば全部変えてみた方がいいです。

適度に掃除もしているのに、鼻炎がよくならないという人は、布団をチェックしてみてください。

まとめ

羽毛布団は軽くて暖かいので愛用している人も多いと思います。
それから化繊の布団に変える場合は、シングルで1.2kgの中綿だと、真冬は寒いです。
1.5kg以上の多めに綿が入っているものを選びましょう。あとは、毛布などで調整すれば大丈夫です。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

78

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

ダニがつきづらく、ホコリがたちにくい機能性化繊布団