更新日: 2011-01-14 01:18:23

子供にピアノを練習する気にさせるには

著者: itsuki1030

編集者: itsuki1030

閲覧数: 589

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by riyapah

ピアノの練習は、特に習い始めの子供にとっては退屈なものです。ここでは、子供にピアノを練習させるコツを解説します。

STEP1

練習を強制しないでください。子供は親に反抗するものですので、親の考えを押し付けても嫌がられるだけです。練習を嫌がるようになってしまったらおしまいです。くれぐれも強制しないようにしましょう。

STEP2

代わりに、子供が練習せざるを得なくなるような「約束」をしましょう。上手に約束すれば、子供はピアノの練習と引き換えに好きなものを得ることができ、親は子供に確実に練習させることができます。例えば子供が自転車に乗りたがっていれば、「ピアノを練習すると約束すれば、自転車に乗ってもいいわよ」と言いましょう。子供は一日中何かしらやりたがっていますから、約束のネタには困らないはずです。子供が自分からピアノを弾きたいと思うようになれば、このような「約束」は不要になるでしょう。

STEP3

子供に生演奏を聴かせましょう。図書館や市民ホールの掲示で、地域イベントをチェックしてください。また、ショッピングモールやデパートでピアニストの演奏があれば、是非子供を連れて観に行きましょう。できるだけたくさん生演奏に触れさせてください。他人の演奏を観ることはやる気にさせるだけでなく、聴く耳も育てます。

STEP4

子供の生活に音楽を取り入れましょう。できる限り一緒に歌い、踊り、たくさんの音楽を聴きましょう。

STEP5

子供と一緒に、というのがポイントです。子供の努力を応援する姿勢を示すことはとても重要です。子供と一緒に練習しているつもりで取り組みましょう。一緒にリズムをとったり、聴衆として聴いてあげるだけでもよいのです。

STEP6

子供に自分が弾く曲を決めさせましょう。曲を選ばせることで、子供に他人事と思わせないようにするのがコツです。先生から与えられた課題ではなく自分で選んだ特別な曲というだけで、演奏するのが楽しみになるでしょう。

STEP7

子供を積極的に褒めたり応援したりしましょう。例えば、子供が喜ぶ遊びをしてあげるのもよいでしょう。お菓子をあげるなどの不健康なものはあまりお勧めできません。また、子供は演奏で誰かを喜ばせてあげられると、自分も嬉しいようです。上達がみられたときには、特別な夕飯を用意してお祝いしたり、特別なお出かけをしたりするのもよいでしょう。

STEP8

ピアノを楽しませましょう。子供がピアノと楽しく付き合うことはとても大切です。子供は、練習ではなく単に音を聴いてみるだけのために鍵盤を弾いたりしますが、これはとても良いことです。子供は好奇心旺盛で発見が大好きで、ただピアノをいじっているだけでも学んだりするものです。子供にピアノを自由に触らせ、どんどん発見させましょう。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

61

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する