更新日: 2011-01-14 01:07:47

子供に楽器を練習させるには

著者: itsuki1030

編集者: itsuki1030

閲覧数: 503

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by woodleywonderworks

子供に楽器を習わせる際の最大の壁は、練習時間の不足と、それによりレッスンに行きたくなくなることではないかと思います。ここでは子供のためになる楽器の習わせ方について解説します。

STEP1

まず、音楽のレッスンを受けさせようと考えていることを子供本人に話してください。座って、きちんと話をしてください。レッスンを始めることについて子供に強制と思わせず、わくわくすると思わせることが大事です。色々な楽器を一緒に聴いたり触ったりして検討し、子供が選ぶ楽器にしましょう。また、楽器はレッスンを続けることでだんだん上達するが、思うように指が動くようになるまでには時間がかかるものであることを、事前によく説明しましょう。

STEP2

先生はやみくもに探すのではなく、必要であれば、他の生徒(の親)からの推薦・紹介をしてもらいましょう。先生に実際に会い、その先生の方針や、成果への期待をしてよいかを見極めましょう。

STEP3

早ければ先生との面接や最初のレッスンで、子供は練習の必要性を理解し、楽しく音楽を始められるでしょう。練習時間は最初は短くし、次第に長くするようにしてください。できれば、練習のチェックリストをつけましょう。親は子供の練習に耳を傾け、一緒に課題を見て、何よりも、少しでも上達したらほめてあげましょう。

まとめ

子供を生演奏のコンサートに連れて行きましょう。
家では定期的にクラシック曲を聴きましょう。
他の人に演奏を聴いてもらう機会をつくりましょう。
レッスンが続けられるようであれば、相応の楽器を買ってあげましょう。
進み具合を気にしましょう。音楽の勉強は最初はつまらない時もあるかもしれませんが、早く覚えるほど楽しくなります。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

77

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する