更新日: 2011-01-14 00:37:58

ピアノの上手な練習方法

著者: itsuki1030

編集者: itsuki1030

閲覧数: 1074

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by nico*nico

たくさん練習しているのにピアノが上達しない・・・そんな時は練習方法を見直すのもよいかもしれません。ここでは良い練習方法について解説します。

STEP1

時計を見ないようにしましょう。「何分(何時間)練習する」というふうに決めていると、練習時間ばかりに目が行ってしまいます。もっと練習したい気分なのに、時間が来たからという理由で終わらせたりしていませんか?1日何分、という練習方法は捨てましょう。代わりに、目標を決めてそれが達成できるまで練習するようにしましょう。

STEP2

練習はウォーミングアップから始めましょう。スケール、アルペジオ、簡単な曲などをやりましょう。ただし、これは運動前のウォーミングアップのようなものですので、2~3分くらいにとどめましょう。

STEP3

初めての曲は、まず最初から最後まで通して弾いてみましょう。片手ずつでもよいです。その際、練習や注意が必要な箇所をチェックしてください。

STEP4

チェックした箇所に基づいて、練習の目標を立てましょう。例えば「今日は楽譜の最初の2行を、両手で弾けるようにする」などです。時間は気にせず、目標が達成できるまで練習しましょう。

STEP5

曲の最後まで、上記3~4を繰り返して練習しましょう。弾けるようになった部分も復習してください。疲れたなと思ったら、残りの部分は次の練習へまわしましょう。頑張りすぎるより、気持ちを新たにして再開した方が効果があるものです。

STEP6

練習の最後には、好きな曲を弾くなど、楽しいことをしましょう。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

78

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する