更新日: 2011-07-19 15:48:25

シャーボ X のすごく贅沢な使い方

著者: pandy-pandy

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 2639

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by pandy-pandy

ZEBRA の複合筆記具「シャーボ X」って便利ですよね。
でも、ジェルボールペンがすぐにインク切れになるのは残念・・・。
そんな不便を贅沢に解消する方法をご紹介します!

STEP1 シャーボ X は、多色筆記するものと思い込んでいませんか?

そのような常識と固定観念は惜しげもなく捨て去りましょう!
シャープ以外に 2 本のペン、2 種類のペンをセットするという概念を頭からぬぐい去りるのです。
(ボールペン芯ホルダーが 2 つ内蔵されたシャーボで説明します。ボールペン芯ホルダーが 3 つのシャーボもあります)

STEP2

お気に入りのジェルボールペン替芯 (全く同じもの) を 2 本用意します。

STEP3

2 本のラインが付いているボールペン芯ホルダーに、お気に入りのジェルボールペン替芯を差し込みます。

STEP4

3 本のラインが付いているボールペン芯ホルダーに、さっき差し込んだのと同じジェルポールペン替芯を差し込みます。

差し込みながら「シャーボに同じ色・同じ種類の替芯を 2 本も差し込んでいる自分はなんて贅沢なんだろう」と、リッチな気分に酔いしれます。

STEP5

Photo by pandy-pandy

セットしたお気に入りのジェルポールペンを使って、ひたすら書きまくります。

このとき、2 本のラインと決めたらひたすら 2 本のラインの芯を使い続けます。
2 本のラインの芯と 3 本のラインの芯はどっちも同じ色だから「どっちを使ってもいいや」なんて考えたらダメですよ!必ず決めたラインの芯を使い続けてください。

インク切れになることを恐れず、来る日も来る日も 2 本のラインの替芯で書いて、書いて、書きまくるのです。
ジェルインクがかすれてきたら、至福の瞬間はもうすぐそこです!

STEP6

Photo by pandy-pandy

ついにインクが切れたら、3 本のラインの替芯にスマートに切り替えます。

これだけです。たったこれだけで、書いている途中に考えが中断されることなく、同じ色で書き続けることが可能となります。
インクが切れてしまい、仕方なく別の色のボールペンを使わざるを得なかったという経験をされた方には、この快感がよくお分かりいただけることと思います。

替芯の交換をしなくてはならないというストレスから解放されます。さらに、新しい替芯に瞬時に切り替えることができるという (自己) 満足感に浸れます!この瞬間、必ず幸せを感じることでしょう (個人差あり)。

STEP7

書き物が一段落したら、使い終わった芯を新しい替芯に交換して、次回の "スマート切り替え" に備えます。

まとめ

要するに、同じ色の替芯を最初から 2 本差しておくだけです。

この満足感や喜びは、シャーボ X は多色筆記するものという常識と固定観念を打破した者だけが味わえる特権です!

シャーボX は、それ自体が贅沢な筆記具であると言えるでしょう。その筆をさらに贅沢に使いこなすという "こだわり感" を味わえます。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

95

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

シャーボ X のボディ (本体)
シャーボ X 用のお気に入りのボールペン替芯 (同じものを最低 2 本)