更新日: 2011-01-13 10:00:54

モロヘイヤとチキンのスープ煮

著者: hana-haha

編集者: hana-haha

閲覧数: 184

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by hana-haha

エジプトあたりが原産と言われるモロヘイヤ。最近はスーパーでも見かけるようになりましたね。鍋に材料を入れ煮込むだけのシンプル料理を紹介します。

STEP1

1.モロヘイヤは葉を茎から摘んでおく。にんじんは一口大の乱切りにする。

STEP2

2.鍋に水500cc、ローリエ、白ワインを入れ強火で煮立てる。鶏肉、ニンジンを加えアクを取りながら20分煮込む。

STEP3

3.塩・胡椒で味を調え、モロヘイヤの葉を加えてひと煮立ちする。

STEP4

モロヘイヤは、古代エジプト語の「王様の物」の意味のムルキアという言葉に語源があるといわれます。葉部が食用で、刻んだりゆでたりするとムチンによる特有の粘りが出てきます。中東や北アフリカで良く食べられています。
モロヘイヤはビタミンやミネラルが大変豊富です。カルシウム、カロチン、ビタミンEは、栄養価の高いホウレン草より多く、鉄やカリウム、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCも多いです。
独特の粘りは胃腸を保護したり、コレステロールを体外に排出させ血圧を正常にさせたりする働きがあります。便秘にも効果的です。

まとめ

モロヘイヤの鉄分と造血作用のあるカロチンが貧血を予防しますので、生理中におすすめです。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

23

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
hana-haha

毎日の生活から、発見や情報をご紹介。

必要なもの

〈2人分〉
モロヘイヤ 200g
骨付き鶏もも肉 250g
にんじん 大1/2本
ローリエ 1枚
白ワイン 大さじ2
塩・胡椒 適宜