更新日: 2011-01-28 02:03:08

つるつるになる☆かかとケアのポイント

著者: coffee_time

編集者: coffee_time

閲覧数: 1581

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by coffee_time

冬は特にケアしていないと、かかとがすぐにカッサカサになったり
ひび割れたりしませんか?

STEP1 ★ なぜ「かかと」だけこんなにカッサカサ?!

かかとは皮脂の分泌量が少なく体の作り的にも乾燥しやすい場所です。

足の裏には汗腺はあるけど皮脂腺はないので、
油分を補給してあげる必要があります。

また、体の末端にあるので血行もわるくなりがちなはず!
元々お肌が乾燥肌の場合は、かかとは、超乾燥肌になっているはずです。

STEP2 ★ 「かかと」がひび割れて固くなっているのは何?

かかとの角質です!
これは子供の頃にはほとんど目立つことないのに、
歳を重ねるにつれて代謝が落ちて、余計な角質が残って
堆積するようになってしまうのです。

かかとの角質はたまると皮膚の表面がガサガサになり、
ひび割れや痛み・ニオイなどの原因にもなってしまいます。

ケアをして、余分な角質を取り除いて
かかとの皮膚の新陳代謝がきちんと行われるようにして、
古い角質は自然と剥がれるようにしてあげることが大切です。

STEP3 ★ かかとケア その前に

カッサカサに乾燥しているのが、かかとだけでなく、足全体が荒れている場合は、
皮膚科で一度診てもらうようにしましょう。

ひび割れが深く、痛みがある場合は、軽石やスクラブ・ヤスリの使用はヤメましょう!

角質は削るよりも、クリームや薬で保湿をしてやわらかくしていくことがポイントです。

STEP4 ★ 角質ケア

大切なのは、かかとの角質をやわらかくすること!

入浴中や洗面器にお湯を入れて足を5~10分くらい浸しておいてからでもOK。

重曹:クエン酸:塩(2:1:0.5)を入れたお湯で
足湯をすると早く角質がやわらかくなるそうです。

その後、角質を優しく、洗い落とすようにしましょう。
決して、ゴシゴシこすったりしてはよくないようです。

STEP5 ★ 保湿

角質ケアの後は、足が乾燥する前にクリームやオイル、ワセリンなどを
よく塗ってなじませましょう。

クリームは尿素とビタミンEが配合されてるクリームがオススメです。
また、まだ角質が硬い場合は乳液のようなクリームだと効き目が弱いかもです。

クリームを塗ったら、かかとだけしばらくラップをしたり、
靴下をはいて保湿状態をキープするようにしましょう。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

66

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する