更新日: 2011-01-11 23:52:11

コピー譜の使い方

著者: いなみわけ

編集者: いなみわけ

閲覧数: 235

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by いなみわけ

誰かの演奏を完全にコピーしたコピー譜、タブ譜が市販されていることがありますね。これの効果的な使い方です。

STEP1 ①原曲を聴きながら

コピー譜を演奏するときは、
原曲を聴きながら練習しましょう。

コピー譜は書き起こすという性質上、
完全に原曲のニュアンスを伝えてくれるわけではありません。

そこで、曲のニュアンス、音符のニュアンスを掴むには、
原曲を聴かなければなりません。

STEP2 ②信じすぎない

コピー譜・タブ譜を過信しすぎてはいけません。
例え市販のものでも、コピー譜が間違っていることはしばしばあります。

①で述べたように、原曲を聴きながら、
あわせて弾いてみましょう。

明らかに違っていると感じるところは、
自分の耳のほうを信じましょう。

STEP3 ③コピー譜を越える

コピー譜をただ弾くだけでは、
音楽的に上達していきません。

コピー譜を見て、ある程度原曲の感覚を掴んだら、
コピー譜・原曲を越えるような演奏ができないかを模索していきましょう。

コピー譜をもとにして、応用していきましょう。

まとめ

コピー譜をそのまま弾くだけでも練習になりますが、そこから発展させることも大事です。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

26

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
いなみわけ

趣味で、楽器の演奏をします。また、色々な所に電車で出かけるのも好きです。よろしくお願いします。