更新日: 2011-08-23 15:17:11

ふすまの滑りをよくする方法

著者: saita39

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 2315

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

古くなった押入れのふすま、開け閉めがしずらくなっていませんか?

ふすまは大きくて、重たいから、開け閉めがスムーズにできないとイライラしてしまいます。おうちにあるものやいらなくなったもので、このふすまの開け閉めがスムーズになる方法があります。
簡単に手に入るものと、簡単な作業ですので、お試しください。

1. 卵のから3つ分といらなくなったストッキングを用意する

卵の殻は、洗わないで、中に白身が付いたままの状態の方がいいです。
ストッキングは伝線していてもかまいませんが、中に卵の殻を入れて砕くので、伝線の穴が大きければ、その部分を結ぶなどして、殻を入れても出てこないように工夫してください。
ストッキングは片足の膝より下の部分くらいの長さで結構です。
卵の殻が3つくらい入って、結べればOKです。

2. ストッキングに

卵の殻を入れて、殻が出てこれないようにストッキングを結ぶ

3. ストッキングの中の

卵の殻を手で軽く砕く。

4. 少し卵のぬめりが感じるくらいに砕いたら

ストッキング入りの卵の殻でふすまの敷居をこする。
敷居は端から端まで、こすってください。

5. 完了です。

ふすまを開け閉めしてみてください。
スムーズに開閉すること間違いなしです。

エコ

家にあるものでできるし、捨てるものが、捨てる前にもう一度役に立てる、とってもエコな技です。
しかも、敷居のごみも取れるので一石二鳥です。
ふすまに問題を抱えているご家庭の人にはぜひ試して頂きたいです。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

39

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

卵の殻 3個分
ストッキング(伝線したもので可)