更新日: 2010-03-19 03:01:05

京都散策 ~東山王道1日コース

著者: mi-chi

編集者: mi-chi

閲覧数: 542

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

京都を満喫できる散策コースをご紹介します。今回は、八坂神社から清水寺、祇園界隈を丸1日掛けて散策するコースです。八坂神社から清水寺に至る散策路は、最も京都らしい情緒を感じられる場所として人気です。特に歩いて回ることで、より深く京都を楽しむことができると思います。

STEP1

スタートは八坂神社です。市バスなら祇園バス停からすぐです。四条河原町あたりから歩いても10分ぐらいです。東大路通りに面した西楼門から入ります。真直ぐ進むと本殿があるので、お参りを済ませた後、さらに進むと円山公園に出ます。公園内には池泉回遊式の庭園があり、また料亭や茶店もあって風情のある場所です。ここで、ちょっと一休みしましょう。また、円山公園は桜の名所としても有名で、特に夜のしだれ桜は極上の美しさです。機会があれば、夜桜見物もお薦めです。

STEP2

公園を満喫したら八坂神社に戻って、本殿を左に曲がり南楼門から外に出ましょう。このあたりは有名な料亭や旅館が点在しています。直進して少しすると、左側に石塀小路の入口がありますので、そこを左折します。石塀小路の風情を楽しみながら、右折、左折、右折して進むと、少し広い道に出ます。そこを、左折して円山公園に戻る方向に少し進むと、右側に高台寺の入口になっている階段があります。階段を登って高台寺に向かいましょう。

STEP3

高台寺は秀吉とねねの寺として知られています。中には茶室や庭園などが点在していますので、拝観料金を支払って順路に従って進むと、一通りのものが見られます。拝観が終わった後、天満宮に立ち寄りましょう。ここにはマニ車というものがあり、時計回りに回すとご利益があると言われているので、是非試してみて下さい。高台寺の南には、霊山観音という観音様がありますので、興味があれば見てもよいでしょう。霊山観音を過ぎて更に南に進むと、山に向かって延びる坂道に出ますので、ここを左折して坂道を登って行きます。坂を登りきると、霊山護国神社の入口があります。霊山護国神社には、坂本竜馬をはじめ幕末の志士たちの墓が多数あるので、歴史好きの方必見です。ちょっと階段がきついですが、その分見晴らしもよいので頑張りましょう。

STEP4

神社を出たら、元来た道を引き返すのではなく、南に向かって進みます。途中、サスペンス小説で有名だった女流作家の豪邸などがあります。さらに道を進んで坂道を下りきったあたり、右側に萱葺き屋根の小さな門が現れます。これは、幕末の志士が夜ごと会合を重ねたことで有名な、明保野亭の跡地です。その先の道を右折すると、明保野亭跡地の入口があります。中にはお土産店がいくつかあるのと、気持ちのよい庭園があります。敷地内には「阪口」という料亭がありますが、庭園に面した座敷が空いていれば、とても気持ちよいのでお薦めです。お昼なら、手ごろな値段で京料理の弁当などを頂くことができます。

STEP5

明保野亭跡地を後にしたら、南に向かって進みます。すぐに石段の風情ある階段が見えてきますが、これが二年坂(二寧坂)です。階段を登りきった突き当たりからさらに左に延びているのが三年坂(産寧坂)です。途中、京都らしいお土産店が軒を連ねているので、気になるお店を覗きながらゆっくり登って行きましょう。

STEP6

三年坂を登りきると清水寺です。正面の仁王門の階段を登ったら、後ろを振り返ってみましょう。京都の街が一望できます。先に進むと、三重塔や小さなお堂が点在し、その先に本堂があります。有名な清水の舞台を堪能した後、その先の階段を下って音羽の滝から、舞台の下を通って仁王門に戻ります。

STEP7

清水寺からは、三年坂、二年坂を下って行きます。さらに真直ぐ進んで、明保野亭跡地を右手に見ながら、さらに先に進みます。途中、甘味処等が多数あるので、足が疲れたら休憩しましょう。道をさらに進むと、高台寺方面に右折する道がありますが、右折せずに直進します。まもなく、前方に五重塔が現れます。これは八坂の塔と呼ばれていますが、街中の道路に面したところに建っており、他の五重塔とは違った趣があります。

STEP8

五重塔を過ぎたら、そのまま西に向かって坂道を下っていくと、東大路に出ます。右折して、東大路を北に進み、東山安井の交差点を左折します。しばらく行くと、建仁寺に突き当たるので、右折します。この道は花見小路通と呼ばれ、祇園の一角を南北に通っています。真直ぐ進むと、四条通に出ますが、両脇に小さな道がたくさんあるので、いろいろ小路を散策してみて下さい。町家造りの京都らしい街並みを楽しむことができます。料亭や割烹、町家造りの飲食店などが点在していますので、夕食に利用するお店の目星をつけながら歩いてもよいかと思います。また、このあたりは舞妓さんに出会う確率も高いです。これで、本日の散策は終了です。

まとめ

高台寺や霊山護国神社は坂道をかなり登るので、興味がなければスキップしてもよいでしょう。途中、思い余って、清水の舞台から飛び降りないように注意しましょう。祇園界隈は、特に夕方ぐらいが最も味わい深い雰囲気になります。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

22

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

ガイドマップ、健脚。