更新日: 2011-01-19 14:08:03

日本酒と温度の関係

著者: smap1

編集者: smap1

閲覧数: 238

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by smap1

温度を変えるだけで、いろいろな味わい方ができるのが日本酒の魅力です。

STEP1 燗酒

冷酒では味わえない旨味、甘味が引き出されます。
ちょっと苦手と思ったお酒は、お燗にすると飲みやすくなります。
お燗は、比較的少量で「酔った」と感じます。アルコールは腸から吸収され脳で「酔った」と感じますが、温かいアルコールをとることで、早くに酔いを感じるため、飲みすぎ防止にもなります。

STEP2 常温

きき酒の場合は、常温で行います。
日本酒が持つ本来の味をもっとも感じることができます。

STEP3 冷酒

吟醸酒や大吟醸酒は、冷酒が基本の飲み方。
舌触りがよく、もっとも飲みやすい状態です。
華やかな香りが高く、フルーティーなタイプの酒は、非常にキリッとドライに感じ、口の中で酒が温まる時は口中で味わいが解け出すような心地よさを楽しむ事ができます。

STEP4 温度によって器を変えるのも、お酒の楽しみ方の1つですよね。

お店で日本酒を頼む際、同じ銘柄のお酒を燗酒と、冷酒で注文してみてください。味わいが違い、今までと違う楽しみを見つけることができるかもしれません。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

23

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する