更新日: 2011-01-11 23:34:34

茶がらやコーヒーかすを再利用術

著者: hana-haha

編集者: hana-haha

閲覧数: 253

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by hana-haha

寒い季節は温かいお茶やコーヒーで、ほっと一息・・・癒されますね。残ったお茶殻やコーヒーかす何かに利用できないでしょうか?

STEP1 茶がら

魚を調理した後の鍋やフライパン、まな板などは、洗剤で洗っても魚の臭いが抜けないものです。そんな時に役立つのが茶がら。洗剤で洗ったのち、キッチンペーパーで包んだ茶がら(不織布パックにはいったものはそのままで)でこすり洗いします。嫌な臭いだけでなく、油汚れもきれいになります。焼き網に付いた臭いには、受け皿に茶がらをちりばめて、茶がらが茶色く香ばしい香りがするまで弱火で焼きます。
紅茶などのティーバックでも同様に使えます。

STEP2 コーヒーかす

コーヒーのかすは強力な脱臭剤となります。コーヒー豆には臭いを吸着する作用があります。コーヒーを入れたら、かすは捨てずに皿などに広げ一昼夜乾燥させます。ガーゼや小さな布袋に入れ、冷蔵庫にいれれば脱臭剤として活躍します。面倒であれば、コーヒーフィルターごと乾かして、使ってもOKです。生ごみなどにはパラパラとコーヒーかすをまけば、臭いを抑えてくれます。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

18

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
hana-haha

毎日の生活から、発見や情報をご紹介。